お問い合わせ・ご相談

司法書士法人いなかつ事務所では、随時ご相談をお受けしております。お気軽にご相談ください。

相続
相続ってなに?

相続は、身内の方が亡くなられた際に発生する故人の遺産を誰かが引き継ぐ事を指します。
相続により引き継ぐものは、故人が生前持っていた財産だけでなく負債も引き継がなければならない場合がありますのでお気を付けください。
そして、相続する際には様々な調査・手続・申告が必要となるため、私たち司法書士をはじめ、弁護士・税理士・行政書士・社会保険労務士・土地家屋調査士・不動産鑑定士が相続される方の代理人として相続手続きなどをおこなっています。


相続登記

相続登記は、土地・建物・マンション等の不動産を所有する方が亡くなった場合に、所有する不動産の名義を相続する方に変更する手続です。


相続の放棄

相続が発生すると、相続される方は故人の財産はもちろん相続しますが、故人の負債(借金)も相続することとなります。
この際、相続すること自体を防ぐために相続放棄という方法があります。
また、複数の相続をする人がいた場に他の相続人との関わり合いを持ちたくないという方にも相続放棄は有効です


遺言書

複数の方が相続をする可能性が有り、故人の遺産相続をめぐって争いがおこなわれることがあります。この様な争いを避けるために遺言(遺言書)は有効な方法です。
遺言(遺言書)には、全てが自筆で書かれた「自筆証書遺言」と公証役場で作成する「公正証書遺言」があります。
「自筆証書遺言」は、日付・名前など全て自筆で書かれている必要があり、ワープロなどを用いたり、他人が代筆されたものは無効となります。他にも法律で定められた方式によって無効となってしまう場合があります。
この様なことを避けるために、公証役場で作成する「公正証書遺言」をお勧めしています。


相続に対し司法書士が対応する業務

  • 不動産の名義変更(相続登記申請)
  • 相続人の調査(戸籍の収集や相続関係説明図の作成)
  • 故人の財産・負債を誰が相続するかの話し合いの結果をまとめた書面(遺産分割協議書)
  • 負債を相続しなければならなくなってしまった場合に全ての遺産を放棄する(相続放棄)
  • 相続人の中に未成年者がいる場合の手続(特別代理人の選任申立)
  • 相続人の中に行方不明者がいる場合の手続(不在者の財産管理人の選任申立)
  • 遺産相続で争いになってしまった場合の手続(遺産分割調停の申立)等の必要書類作成
  • 遺言の作成に関する相談
  • 自筆で書いた遺言書が見つかったときに行う手続(遺言書の検認申立)
  • 遺言の内容を実現する人(遺言執行者)を選任する手続きに関する書類作成


サポート体制

お問い合わせ・交通アクセス

〒430-0929
静岡県浜松市中区中央一丁目5番6号
tel