お問い合わせ・ご相談

司法書士法人いなかつ事務所では、随時ご相談をお受けしております。お気軽にご相談ください。

不動産登記
不動産登記ってなに?

重要な財産である不動産(土地・建物・マンションなど)はその権利関係を法務局に申請することによって公示することになっています。その公示する制度を不動産登記といいます。不動産の売買・贈与・相続・抵当権の設定/抹消などから生じる正しい権利関係を公示する為、登記申請手続を私たちがお手伝いさせて頂きます。 


不動産の売買

 マイホームを建てる為、事業を始める為に不動産を購入にするには、不動産の権利移転と銀行からの融資、現金の支払い、そして不動産登記申請など多くの手続きを同時にミスなく行う必要があります。どれかひとつでも手続きに不備があると、多額の損害が発生する可能性があります。全て手続がスムーズに行われるようにお手伝いをするのが司法書士の役割りです。


不動産の贈与

相続税対策として、親から子供へ、夫から妻へなど不動産の贈与は頻繁に行われています。ただし、やみくもに不動産を贈与すると、後から高額な贈与税を払わないといけなくなる事があります。私共は、税理士と協力して依頼者にとって最適な方法を提案していきます。


不動産の相続

不動産を購入する場合、銀行からの融資(住宅ローンなど)を受ける場合があります。銀行は、万が一ローンの返済がなされない場合に、貸したお金の回収をするため不動産を担保にとる事が一般的です。不動産を担保にとるために使われる方法の一つが不動産に抵当権を設定する方法です。不動産に抵当権を設定する方法も、法務局に登記して公示されます。この抵当権設定に不備があると、銀行は無担保で多額のお金を貸し出す事になってしまいます。そこで、司法書士が抵当権設定が間違いなく行われるようにお手伝いをさせて頂きます。 しかし、銀行から借りたお金を返済してしまえば、抵当権をつけておく必要はありません。住宅ローンの返済が終わった方は、ご相談ください。


サポート体制

お問い合わせ・交通アクセス

〒430-0929
静岡県浜松市中区中央一丁目5番6号
tel